相続手続き必要書類チェックリスト…その3−3

相続手続きをもれなく完了するための

必要書類チェック表<3−3>

3.社会保険関係の手続き

 

U 自営業者

 

国民健康保険

届出書類等

 添付書類

 手続きをする人

 期限

手続き先(窓口)

 参照Q&A

加入者が死亡したとき

被保険者死亡届

 国民健康保険証

 世帯主・遺族

 14日以内

市区町内

 Q32

埋葬費請求書 

国民健康保険証、埋葬社の領収証または会葬御礼のはがき

 遺族

 2年以内

市区町内

 Q32 

 

 国民年金

届出書類等

 添付書類

 手続きをする人

 期限

 手続き先(窓口)

 参照Q&A

第1号被保険者・第3号被保険者が死亡したとき

被保険者資格喪失届 

 年金手帳

 遺族

14日以内

市区町内

 Q32

遺族基礎年金裁定請求書

 年金手帳、死亡を証明する書類、戸籍謄本、住民票の写し、所得の証明書 

  子のある妻および子

  

5年以内

  

市区町内

  

 Q32

第1号被保険者が死亡したとき

寡婦年金裁定請求書

 年金手帳、死亡を証明する書類、戸籍謄本、住民票の写し、所得の証明書

  

5年以内

 市区町内

   Q32

死亡一時金裁定請求書  

年金手帳、戸籍謄本、住民票の写し

 遺族

2年以内

 市区町内

  Q33

() 国民年金の被保険者の種別

 @第1号被保険者・・自営業者・農業などの方とその配偶者、学生

 A第2号被保険者・・サラリーマンなど[サラリーマンは厚生(共済)との二重加入]

  B第3号被保険者・・2号被保険者に扶養されている配偶者

 

() 年金受給者が死亡した場合には、所得税の準確定申告が必要なケースもありますので、死亡した年分の「公的年金等の源泉徴収票」を送ってもらうよう、社会保険庁に早めに依頼しておきましょう。

 

() 各市区町村により手続きが異なることがありますので、事前に問い合わせるとよいでしょう。

 

V 75歳以上の高齢者

 

後期高齢者医療制度

  平成20年4月から、75歳以上の高齢者を被保険者とする後期高齢者医療制度がスタートしました。この制度は、扶養家族を含めすべての高齢者が75歳になると自動的に被保険者となる制度で、全被保険者が保険料を負担し、医療給付を受けるしくみになっています。

 届出書類、添付書類等詳細につきましては、住所地の市区町村にお問い合わせください。