相続税対策(自社株対策)…その2

17  株価引下げの具体的手法 

          

 @純資産価額対策

 

 T 生前退職金の活用 

  オーナーが事業承継を考えた場合には、そう遠くない時期に会社を退職し、後継者にバトンタッチすることになります。生前に会社を退職した場合には、会社から役員退職金として多額の資金が社外に流出することとなり、結果として会社の純資産価額を引き下げる効果があります。

 役員退職金は 、通常最終の役員給与の額を基準として次のように算定されることが多いため、同時に役員給与の見直すことも重要です。

 

退職時の役員給与月額×勤続年数×功績倍率等

                =役員退職金

   
 一般的に非上場会社のオーナーは、自身の役員給与を低くおさえ会社への内部留保を厚くする傾向にあるため、これを適正な価額に戻すことで、同時に会社への内部留保を減らすことも純資産価額を増やさない方法として有効となります 

 役員退職金は、代表権を持たずに従前の給与の2分の1以下となるなど一定の条件を満たし、実質的に経営権を有しないものと認められるいわゆる「みなし退職」に該当する場合には、その後も非常勤役員等として会社に残っても退聯金を支給することが可能な場合があり、しばらくは後継者を見守る必要のあるオーナーにも検討価値があるでしょう。

 

 U 保有資産の見直し  

 会社が保有する資産の中に、多額の含み益を抱えた資産がある場合には、会社を分割するなどして、土地などの含み益のある資産を移転させることができれば効果的に株価をさげることができます。 

 また、中には長期に滞留した売掛金などの不良債権があれば、税法上認められる範囲内で積極的に貸倒れ処理することも有効になります。 

 

 A類似業種比準価額の対策  

 評価方式の計算要素である、配当金額・年利益金額・純資産価額を引き下げることで株価を下げます。

 

 T 年配当率を引き下げる  

 配当率を引き下げることで株価を下げることが可能で、オーナー会社では比較的よく行われています。2年間無配とし1株あたりの配当をゼロにしてしまう場合、他の比準要素の金額が同じようにゼロであるときには、純資産価額方式による評価になってしまうため、逆に株価が上がってしまう可能性ありますので注意が必要です。

 

 U 1株あたりの利益を圧縮する  

 (1)税負担の軽減を心掛ける

   法人の利益を圧縮するために、特別償却や課税の繰延べなどを活用し、法人の税負担の軽減を心掛けることで結果的に株価の引下げに効果があります。不良債権を税法上認められる範囲で積極的に償却することも有効となります。 

 (2) 高収益部門や、異種の事業を切り離す 

  法人の事業の中に高収益の部門がある場合、その部門を切り離して新会社に営業譲渡するなどし、新会社の株式を事業後継者が保有するなどすれば、結果的に株式の評価対象となる法人の利益の圧縮につながり、配当金も減るでしょうから株価は下がることになります。高収益部門を切り離す方法としては、子会社を設立して営業譲渡する方法も考えられます。 

  同じように同一の会社で2種類以上の異業種の事業を営んでいる場合、類似業種の株価が高い業種を切り離すことができれば、同様に株価を下げることができます。

 

 V 純資産価額をへらす  

 原則として純資産価額方式の株価対策と同様となります。

   

 B従業員持株会の活用 

 オーナーが所有する株式を移転する場合にその株式を評価する方法は一般的に原則的評価方法よることが多くなります。しかしながら移転先の対象者を選定することにより、配当還元方式による評価方法で株式を移転することができる場合があります。 

 一般的に原則的評価方法に比べて、特例的評価方法である配当還元方式の評価額は非常に低くなる場合が多いことから、可能な限り配当還元方式により株式を移転する方法をとれないか検討する必要があります。 

 従業員持株会社とは、従業員に経営参画意識を持ってもらうための制度で、会社が奨励金の補助を行ったり、将来株式公開を計画している場合には従業員の財産形成にも役立ちます。 

 オーナーが会社に対する経営権をキープしながら事業継承対策に活用できることから、近年この制度を導入する非上場会社が増えていますが、新会社法の施行に伴い、従業員持株会社の導入にあたっては注意が必要となります。というのも、従業員持株会社でも一定の要件を満たしている場合には、少数株主権が認められ、取締役解任請求権や帳簿閲覧請求権の行使が可能となるからです。仮に労使間にトラブルが発生した場合この少数株主権により帳簿閲覧請求検討が行使せれる可能性も考えられます。 

 経営権に影響を及ぼさない範囲において従業員持株会社に株式を売却することで相続財産である株式を比較的容易に減らすことが可能となるメリットがある反面、従業員持株会社との関係によっては、大きなトラブルにはってんすることもあるため、導入にあたっては慎重な検討が必要です。

  

 C営業譲渡等による高収益部門の対策  

 後継者を株主とした会社(オーナー自身が直接あるいは間接的にも株式を保有していない)へ、高収益部門を営業譲渡することにより、高収益部門を移転することが考えら」れます。 

 高収益部門が生み出す利益は、時間が経過するごとに会社へ蓄積していくと考えられますから、それが結果として会社の1株あたりの利益を高くし、同じように会社の純資産価額を増やすことになるため、会社の株価が高くなります。 

 高収益部門を営業譲渡することにより、オーナーが保有する株式の発行会社は、それ以後の利益は大幅に減ることとなるため、内部に保留される蓄積度合いがずっとおさえられることになります。自ずと配当金の支払いも減るでしょうから、これにより株価を引き下げることができます。  

 高収益部門を切り離す方法としてはその他にもいくつか考えられますが、移転先の会社の株式をオーナ−自身や移転前の会社が所有する場合には、オーナー自身が高収益部門を直接あるいは間接的に保有していることに変わりはありません。移転先の会社の株主構成や資産構成によっては、結果として期待した効果が得られない場合も考えられますので、オーナーとの所有関係に注意しながら事前計画を慎重に行い、期待する効果を得られるように留意しながら対策を進める必要があるでしょう。